細かい工夫をしたデザインの注文住宅

青梅市の工務店で注文住宅の家を建てました。家造りをする時に頭を悩ませるのがコストについてです。私は必要のない物を削って家造りをすればコストを抑えられると思いました。私は広い庭が無くても不満を感じないと思ったので、庭を狭くして居間などの部屋の面積を広くすることにしました。やはりずっと生活することになる部屋が広い方が伸び伸び生活できると感じています。家族や自分のライフスタイルに合わない間取りにしてしまうと生活しにくいです。私は休日は家にずっといる生活をしているので、自分一人で考え事をするための書斎のある注文住宅にしたかったです。また、家族といっしょに食事をしたりくつろぐためのリビングの内装を細かくデザインしました。家族とリビングで話し合うことが多い家庭はリビングのデザインをじっくり考えた方がいいです。やはり多くの人が集まる部屋が狭いと不快に感じてしまうリスクがあります。私は仕事が休みの日にホームパーティーに来たゲストといっしょに食事をするための広い部屋を造りました。

カテゴリー: 注文住宅 パーマリンク